他の矯正装置との違い

インビザラインと他の矯正治療との比較

 インビザライン従来のワイヤー矯正装置
治療方法 透明かつ薄型のマウスピースを使用 ブラケットやワイヤー、ゴムなどの固定式の矯正装置を使用
審美性 透明かつ薄型のマウスピースを使用するので、口を開けた時にも装置が目立ちにくい 固定式の矯正装置を使用するため、唇側(歯の表側)に装着した時には、装置が目立つことがある
取り外し 患者様ご自身で装置を取り外すことができる 基本的に、治療が終了するまでは装置を取り外すことができない
清掃性 患者様ご自身で装置を取り外すことができるので、毎日のブラッシング等のケアも簡単に行うことができる 歯に装置が固定されているため、歯全体をブラッシングすることが難しい。通常よりも丁寧にケアする必要がある
違和感 薄く滑らかな素材で作製されているので、口腔内を傷つけたり、口内炎になったりするリスクが少ない ブラケットやワイヤーなどを使用するため、ある程度違和感が生じることがある
金属アレルギー 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない 金属製のブラケットやワイヤーを使用した場合、金属アレルギーになるリスクがある
通院回数 通常、一度の型取りで治療に使用するすべてのマウスピースを作製するので、従来の矯正装置と比べて通院回数を減らすことが可能 治療の進行に応じて装置を調整する必要があるため、インビザラインと比べると通院回数が多くなる傾向にある

他の矯正装置と比較した時のメリット・デメリット

メリット
  • 他の矯正装置と比べて、装置が目立ちにくい
  • 他の矯正装置と比べて、虫歯や歯周病などの病気にかかりにくい
  • 他の矯正装置と比べて、ブラケットが外れたり、ワイヤーが粘膜に刺さったりなどのトラブルがないため、遠方にお住まいの方でも安心して治療が受けられる
  • 他の矯正装置と比べて、痛みや話しづらさなどの違和感が少ない
  • ホワイトニングも同時に行うことができる
デメリット
  • 歯並びの状態によっては、インビザラインだけでは治療することができない場合がある
  • 永久歯に生え変わる前のお子様の治療には適さない
  • 他の矯正装置と比べて、治療期間が長くなる場合もある
  • 決められた時間、装置を装着しないと治療期間が延びてしまう場合がある
青木歯科医院 オフィシャルサイト 和歌山かみあわせセンター インビザラインコラム